• ホーム
  • プラセンタはサプリ?塗り薬?どっちがいいの?

プラセンタはサプリ?塗り薬?どっちがいいの?

肌で悩んでいる女性

胎盤から抽出されたプラセンタエキスは、メラノサイトを活性化させてシミの原因となるメラニン色素を皮膚に増殖させてしまう活性酸素を抑制する働きがあります。
つまりシミを消すことができるのです。
そして、線維芽細胞の働きを活発にするので、肌を若返らせてしわやたるみを改善する効果などがあります。
代謝を高めたり、免疫力を上昇させるので健康目的でもプラセンタに頼る人は多いですね。
そんなプラセンタですが、サプリメントや塗り薬など身体に与えるための方法は複数あります。
どちらの方法も美容注射と比べると、簡単で手軽ですから人気が高く、サプリメントもクリームなどの塗り薬も膨大な商品が出ていますよね。
当然摂取するための方法が異なれば、身体への効き方も異なります。
まずサプリメントの方ですが、即効性はないものの、毎日継続して飲むことで全身にプラセンタの効果が現れてきます。
値段も安いですし、決まった量を飲むだけなので手軽さが魅力ですし、安定的な効果を得ることができるという良さがあります。
サプリメントではプラセンタエキスの原液のものと、エキスを粉末状にしたものである原末を使っているものと二タイプがあります。
吸収率が優れているのはエキスを使用している方ですが、原末の方が濃縮されているので、より多くのプラセンタを摂取できます。
サプリメントの場合は、現役か原末かどちらなのかをよく確かめるといいでしょう。
塗り薬の方も、手軽さやコストパフォーマンスの面で優れています。
直接塗布した肌に作用するので、全身には効かなくても肌に対しては即効性があります。
美肌ケアを第一目的として、プラセンタを使いたいならヒトプラセンタのような塗り薬を活用するといいでしょう。
シミの改善やニキビ治療、線維芽細胞を増やす効果などがあります。
シミやニキビの治し方として、ゆっくりでも全身にプラセンタの効果を期待するならサプリメント、即効性のある美肌ケアなら塗り薬を選ぶといいでしょう。

関連記事
サイト内検索
アーカイブ